2030/05/05

LOVELESS Logo & Monogram Textile & icon Designe









 

(株)三陽商会様のセレクトショップ&オリジナルブランド"LOVELESS"のロゴマーク、モノグラム、下げ札、ネームタグ、Tシャツ用デザイン数型をFIVEデザイナー堀 貴之が担当させて頂きました。

2030/05/04

"THREE STARS ENZYMES" Logo Design



沖縄在住のご夫婦が手掛ける酵素ジュースブランド”THREE STARS ENZYMES"の、ロゴデザイン/ボトルラベルデザイン/名刺デザインを、FIVEデザイナー堀 貴之がデザインさせていただきました。
沖縄産のフルーツをふんだんに使用して作られた酵素ジュースは、私も毎日飲んでいますがとても美味しく健康的です。

2020/10/23

"the MUROMACHI BAKERY" Logo design

京都のベーカリーレストラン"the MUROMACHI BAKERY"様のロゴデザインを、(株)ブランニュープランニング様と協同でFIVEデザイナー堀 貴之がデザインさせていただきました。

2020/10/20

"ZASS llc" Logo design

Los Angelsの飲食店経営企業"ZASS llc"様のCIデザインをFIVEデザイナー堀 貴之がデザインさせていただきました。 代表が日本人ということでパッと見はスタイリッシュな幾何学模様デザインですが、実はカタカナで”ザス”を模したデザインで日本のアイデンティティを込めています。

2019/11/09

"KABUTO" Logo Design




 Los Angelesに出店している「KABUTO」のロゴデザインをFIVEデザイナー堀 貴之がデザインさせていただきました。

2018/11/30

JINYA Holdings Inc. Logo Design



アメリカを中心に「ROBATA JINYA」「RAMEN JINYA」などを多店舗展開しているJINYA Holdings Inc.のCIデザインをFIVEデザイナー堀 貴之が担当させていただきました。



”鶏らぁめん たけなか” Logo design

”鶏らぁめん たけなか” のロゴデザインおよび店内装飾グラフィックなどをFIVEデザイナー堀 貴之が担当させていただきました。

https://ramen-takenaka.jp/



2018/11/29

"Beaute" Logo Design



福岡県小倉「Beaute」様のロゴデザインをFIVE堀 貴之 担当させていただきました。


2017/05/20

FK株式会社+HOGALEE看板


都内のオフィスビルを中心に不動産の仲介・管理を生業とするFK株式会社様からのご依頼で、新橋駅前の大型看板のディレクション&デザインをFIVE堀 貴之 担当させていただきました。
メインアートに友人でもあるアーティスト・HOGALEE(ホガリー)を起用しています。
セリフ部分のみ張り替え可能にしているので、数ヶ月ごとにセリフを変えることで、月日とともに見慣れてくる看板という媒体を、いつまでも飽きさせず興味の対象となるような仕掛けを持たせています。

HOGALEE・website  http://hogalee.com/

2017/04/06

山岸秀匡オフィシャルTシャツデザイン




権威ある世界大会での優勝など数々の輝かしい戦歴を持つ、日本を代表するトッププロボディビルダー”山岸秀匡(Hidetada Yamagishi)”選手のオフィシャルTシャツのデザインをFIVEデザイナー堀 貴之がデザインさせていただきました。

2016/10/22

手話で楽しむ能狂言鑑賞会 フライヤーデザイン



能楽喜多流が企画・主催の「手話で楽しむ能狂言鑑賞会」のフライヤー、パンフレットなどのデザインをFIVEデザイナー堀 貴之が担当させていただきました。

 女優黒柳徹子さんが設立したトット基金が運営する「日本ろう者劇団」が手話狂言「附子」を演じ、喜多流の能「黒塚」は、同劇団の協力で手話通訳者が二人付いて、ストーリーが同時通訳される。
演目全編に手話同時通訳を付けるのは能楽界初の試みだそうです。
耳が聞こえる人も聞こえない人も一緒になって楽しめる能狂言の公演でした。

2016/09/03

Tokyo Ice Academy T-shirts Design


首都圏の氷販売業者、製氷業者の有志による最高品質の氷<純氷>を研究する会、東京アイスアカデミー(TIA)様のTシャツデザインをFIVEデザイナー堀 貴之がデザインさせていただきました。
ご依頼のデザインテーマは「Heavy Metal」!
アイスピックで削り取られて現れた氷柱が、漢字の氷の文字を模したデザインです。
土台の氷のヒビの中にこっそり「T.I.A」の文字が隠されていたりもします。

2016/08/05

"Noh Discovering Tradition" 能 伝統と発見 チラシデザイン


文化庁が助成、能楽喜多流/十四世六平太記念財団が主催する、能楽を通して外国人に日本の伝統と文化を伝えていくイベント「Noh Discovering Tradition 能 伝統の発見」のチラシやポスターなどのディレクションおよびデザインを、FIVEデザイナー堀 貴之が担当させていただきました。

2016/06/27

”とんかつ ふく村" ロゴデザイン








福岡県福岡市にオープンした「とんかつ ふく村」のロゴデザイン・ショップカードデザインなどFIVEデザイナー・堀 貴之 がデザインいたしました。

熟成豚を低温で揚げる「白いとんかつ」が売りの、いままでに無い新感覚のとんかつ屋です。

2016/06/17

葉山発マリンブランド”S.O.A.K” ロゴデザイン


Ocean Savage Inc 社が展開する葉山発祥のマリンブランドS.O.A.K ( Savage On A Kayak ) のロゴデザインをFIVEデザイナー堀 貴之がデザインいたしました。
「S.O.A.K  Kayak Fishing( カヤックフィッシング 事業 )」と「S.O.A.K Life & Beauty( 大人の海遊び・ライフスタイル提案事業 )」を中心にジャンルや概念に囚われない海にまつわる様々な事業を展開して行くブランドです。

http://s-o-a-k.com/

2016/03/31

"BAKURICO" Logo Design






東京・五反田にオープンした”1035 KITCHEN Bakurico”のロゴデザイン、ショップカード・名刺のデザインをFIVEデザイナー堀 貴之が担当させていただきました。

それぞれ長きに渡って修行してきた北海道出身の3人組がオーナーのお店で、店名のBakurico(バクリコ)は”ばくりっこ”という北海道の方言が由来で、「交換しあう」という意味だそうです。
交差した3本の矢に3人のオーナー達の結束を、そしてお店に集うお客様達が何かしらを交換し合う場であれたら…というメッセージを込めつつ、北海道がテーマのお店なので雪の結晶にも見立てたトレードマークにデザインしてみました。

https://www.facebook.com/bakurico/

2015/12/24

”かくれ伽ダイニング AGURA 胡座” Web Site Design




福岡県は小倉にある”かくれ伽ダイニング AGURA 胡座” 様のウェブサイトデザインのご依頼をいただきました。 http://agura.info/

2015/11/13

Noh Actor "Teruhisa Oshima" Business card Design





重要無形文化財(人間国宝)保持者・喜多流能楽師「大島 輝久」様の名刺デザインをご依頼いただきました。
2案ご提案させていただいて、光栄な事にどちらも使いたいとおっしゃって頂き2バージョンで納品させていただきました。

FIVEデザイナー・堀 貴之

2015/09/03

喜多流 「能 ことばを超えて、世界へ向けて Noh Theater: Beyond Words, Beyond Borders」アートディレクション&デザイン




アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)が「伝統にふれる、東京に感動する。」をテーマに、 世界に誇るべき日本の伝統文化・芸能を国内外へ広く発信し、次世代に継承していくことを目的としたイベント「Approaching Tokyo Tradition」。

その中のプログラムのひとつ、能楽・喜多流が制作する「能 ことばを超えて、世界へ向けて Noh Theater: Beyond Words, Beyond Borders」のアートディレクションおよびデザインをFIVEデザイナー堀 貴之が担当させていただいております。

喜多能楽堂
アーツカウンシル東京

2015/05/15

"Go Bridge City" T-Shirts Design



福岡県・行橋市で極アンダーグラウンドに展開している「Go Bridge」ブランド。

Go=行
Bridge=橋

オリジナルTシャツデザインと生産を私、FIVEデザイナー・堀 貴之が請けおっています。

その第2弾となる新作Tシャツが出来ました。
元ネタはジョンレノンも愛用していたことで有名なNew york CityプリントのTシャツです。
様々なアパレルブランドやご当地Tシャツのネタとして昔からよく使われている大ネタですが、地名を直球で使用していないのでコーディネートしやすくとても好評いただいてます。

Tシャツデザインをはじめノベルティ全般、各種プリントデザインから生産まで、一括でお請け出来ますのでご相談ください。